トップ

20100530

キタキタキマシタ!コンバンハ!もやしで御座います

何がきたってAfterEffectsですよ!実に高い買い物でした・・・
目的はAfterEffectsを手に入れる事でエフェクトの効率化を図る事
あんなエフェクトやこんなエフェクトがお手軽に・・・作れればいいんだけどね!
おしむらくは32bitOSなのでCS5ではなくCS4になってしまったこと
64bitOSになったらアップデートできるので、とりあえずはよしとしよう

そんなわけで、ゲームマーケットに行ってきました
予想外に人が多く、あちこちでゲームをやってると言う幸せな状況
…の中、ひたすら買い物に精を出して帰ってきました
欲しかったものは買えたのでひとまず満足

買い物ばっかりですがtorneも買いました
これで外出中や睡眠中のアニメもばっちりです

さて、話が変わって・・・

ランパ2は動画で投稿できたりエミュ前提のセーブデータ投稿ができたり
ある意味勇者募集中な企画ですね(笑
窓口が広いのはいいことですが
ここまで広いとむしろそういった作品が本当にくるかどうかが楽しみになったりします
そもそも ここにきてる人で、参加しようと思っている人はどれぐらいいるのか・・・
前回は75作品と言う大規模企画になりましたが
今回はそれを凌駕する数になって欲しい所ですねー

ぐらちの進行状況ですが
ようやくメインストーリーだけなら最初から最後まで通しでできるようになったので
早速、敵一撃、会話流し読みで最初から最後まで駆け抜けてきました
文章的に変な所やイベントの組み間違い等はあるものの、おおむね問題なく最後まで行きました
ダンジョンで(自分が作ったのに)迷ったせいもあって、大体5時間ほどでクリア
ながいよ!
さて、バグ修正しつつ、サブイベントを充実させないと
それどころか、メインストーリーに好感度が上下する選択肢をもっと入れないと・・・
クリア時に半分ぐらいの好感度が「普通(したから2つ目)」だったのは問題だ
あとシナリオがくどい・・・のはもう仕方がないのかなー

もやっさんがゲーム化すると聞いて(ry
需要が(ry
1週出遅れた!説得力のある世界観の話で、ふと思い出したんですが、昔TRPG仲間と話してた時に、回復魔法と医学の話になりまして、
そのときの結論から言うと、どんなに便利な回復治療の魔法が誰でも使える世界であっても武器として刃物(剣、ナイフ、斧等)が存在する世界ではより人体を効率よく斬るための解剖学が発達するので少なくとも外科は発達する。
毒という攻撃方法や症状が存在し、認識しているなら薬学および内科は発達する。
よって、程度の差こそあれ、医学はそれなりに研究、発達していると思われる。となりました
おお、なるほど!その手の話はおもしろいですよね、人を選んで盛り上がる
その医学がどの程度魔法と結びついているか、解剖学があっても手術と言う概念がでてくるのか、なんて考えると楽しそうですもの
「字が違う」ネタは、言語を作成する必要がありますね。
ぐらちの共通語はなんとなくこんな感じ、ぐらいにしか決めてない上に
それを理解したうえでのネタを強要するのはもはやプレイヤーに対する拷問ですねー
カメラワークは偉大ですよね。2人突っ立って話してるだけでもこれが上手いと十分雰囲気出ます。ドット絵はちょっとした仕草が光る感じ。髪を払ったりとか。
動かないからこそ一つ一つのしぐさが際立つ・・・のだろうか
違ったベクトルでのかっこよさを求めていくべきなんでしょうね
そのための方法論を色々蓄積していかないとなあ
>ワイドでフルスクリーンにすると両端は何も表示されずに縦横比そのままで表示されますよ
>ワイドのモニターでツクール製のゲームをフルスクリーンで起動すると、びにょ〜んと横長になりました。モニター買い変える時にもっと慎重に選べばよかったと、今でも後悔してます。
Do CCHI !
と思って調べた所、グラフィックボードが対応してればフルスクリーンでも伸びないみたいですね
悩んでた人は調べてみる価値ありかもですよ
ドットでカメラワークっていうとSLG系統で行うような感じのが精々だとは思いますなぁ。もやっさんの挙げた例は字面だけとれば再現できそうな日本一ソフトウェアあたりのゲームでやってそうな気はします。
イメージ的にはもっとアニメアニメした感じなんだとはおもうんですけど(w
あぁ!やってましたねそういえば!
ある程度汎用性を持たせた上でのカメラ演出!
なるほど・・・確かにもっとアニメ的なのをイメージしてましたが
やりようってのもあるのかもしれないんですね、目から鱗です
ふと思ったんですが、もやしさんでもエターなった事ってあるんですか?
ぐらちが5年間エターナってます
冗談はさておき、去年のオーダーメイド!を作るまでは実質、1本も仕上げた事がなく
いうなればそれまでは全てエターナってます
ぐらちで5年も諦めずに続けてこれたのはHPで作るよって言っちゃって
予想外の反響を頂いて、応援し続けてもらってるからですね
ありがとうございます!
プリキュアですね。わかります。
よかった、誰も気付かなかったらどうしようかと(笑
ぐらちーず体験入学してみたよ!これを5年も待たされたら俺だったら頭おかしくなって死ぬ。応援してるぜ!
さすがにもう5年経過する事はないと思うよ!
ありがとう御座います!
うーん、もやしさんの話を見てると色々考えさせるなぁ…ところでトトリのグラ、って言われると凄いパンモロとかが真っ先に浮かぶんですg
お、おおぅ・・・考えさせられるなんていわれると照れますたい
トトリのグラ・・・たしかに凄いパンモロがいっぱい(笑
いつもいってますがああいう2D基準の3Dを突き詰めていくのが日本の持ち味だと思ってます
それだけに、キャラデザの人まで「もう俺要らないんじゃないかな」って言っちゃうぐらいのあのグラは凄いと思うのですよ
いや!パンモロもいいけどね!でもそれに関しては、見えないぐらいが一番いいよ!

20100523

マリー&ガリーのDVDを買いました、もやしですこんばんは

一度はまるとズブズブいろいろ買い揃えてしまうたちなので、CDとかも揃えてしまいそうです
マリカわいいよマリカ

前回世界観の話を書いたので、じゃあぐらち世界はどうなんだと言うお話でもしようかと
思ったんですが自重しておきます

ランパテ2が本格的に動き出したそうで
ここに来ているツクラーな方々は参加される人も多いと思います

毎回こういうイベントがあると「アレ作ろう」「コレ作ろう」「こんなジャンルのゲーム作ろう」「あんなイベント入れよう」と
涎をたらしながらウフフアハハするわけですが、今回は不参加です
もちろん涎たらしてないわけじゃないですよ!
頭の中には作ってみたいゲームがゴロリゴロリとしています

そういえば前回出したオーダーメイド!もそのうち作りたいと思っているシミュレーション系ゲームの練習として作ったものでした
意外と好評だったので喜ばしい限りなんですが、いまだにここからDLできるようにしていないと言う…
そ、そのうちします!そのうちね!

私が作りたいなと思うゲームは「ドット絵が活かせるか」もしくは「昔やったゲーム(思い出補正でも楽しかったゲーム)をベースにして自分ならどうするか」の2つです
最近、シャイニングフォースの動画をチラッと見たおかげで、シャイニングフォースっぽいSRPGも作りたくなってきました
あの戦闘アニメはいいものです

アニメーションで思い出しましたが、アニメの戦闘では簡単に出来るのに、ドット絵では絶対出来ない事があるのをご存知でしょうか

答えは「カメラワーク」

アニメもドットも、基本的に絵ですから片方でできる事はもう片方でも必ずできるのですが
カメラワークに関してはドット絵では不可能です(もちろん、作る事は出来ます)
ここで言うドット絵とは、ゲーム素材としてのドット絵なんですが
例えば「きりもみ回転しながら画面奥から飛んできて、鉄骨に着地」→「顔アップに変わり、首を上げるしぐさ」→「遠方からのカメラに切り替わり、画面奥から再び飛んで戻ってくる」みたいなモーションを作れと言われた場合
それがムービーやイベントシーンにのみ使われる汎用性のないものであれば良いのですが
ゲーム中に汎用的に使われる素材の場合、これは不可能となります
アニメの場合は原画と動画複数人体制で製作しますが
ゲームの場合、1キャラにつき担当ドッター一人とかなので、労力的にも汎用性のないものは厳しい
つまり、アニメで「かっこいいなー」と思うモーションを実際に汎用ドット絵にしてみると、「あれ?あんなにかっこよかったモーションが何故こんな事に」となってしまうんですね

何が言いたいかって言うと、カメラ効果ってすごい
あと、それを実現できる3Dもすごい
つまり、トトリのアトリエのグラすごいってことです

ふとSSを見て思ったのですが、16:9などの横長の対比には対応するのでしょうか?
しません…が、やり方もわからないので今後もその予定はないと思います
ワイド画面でフルスクリーンした場合って、ツクールの場合どうなるんでしょう、横に引き伸ばされるのかな?
物事の理由付けは賛成です「リアリティ」と言うと混乱するので僕は「説得力がある」と言うようにしています
説得力がある、は確かに良いかもですね
リアリティよりかはしっくりきます
喩え屁理屈でも理屈の通ったファンタジーはいいものですね!
これはこういうものなんだ!と納得できる世界は良いのですよ
そしてそれなりに柔軟なファンタジー素敵って事ですね!
世界観の話。まったくの同意見です。世界を救う話よりそこまで大きくない事件を解決する、程度のお話の方が遊びたい今日この頃
肉は食べたい、でも毎日肉ばっかりじゃ飽きるし身体壊す、そんな感じ
王道は需要があるからこその王道で、確かに良いものだけどそればかりじゃ飽きますもんねー
技術水準って説明もなくズレがデカイと違和感にしかなりませんしね…例えばそういうキャラ、ってんならありなんでしょうけどね。極端な例だとルパンの五右エ門みたいなw
たしかに五右衛門は五右衛門だから、で片付く気がしますね(笑
そうか、強烈な個性でもって、有無を言わさず納得させればあり、って見方も出来ますね
これはなかなか奥が深い
もやさんが将来的にはぐらちをTRPG化すると聞いて
前回の話をまとめて鍋にぶち込んで具材がなくなるまで煮込んだような結論ありがとうございます(笑
出来なくはないですが需要がない!
まあ、まっとうに考えると、魔法って言う便利な飛び道具があるのに、銃を使う理由が(笑
私もカッコイイから、じゃなくて、明確な理由があるファンタジーのほうが好きです。
できれば、その事実の必然性、もあると良いと思います。作中に語られなくても、作者の頭の中だけでも。
読者は、行間に書かれていることは、意外と読んでいるものですからね。
世界観がこうなってるからこういう発言をしてるんだ、って言う台詞は私も好きです
一番最初の体験版だと、割と世界観を無視したパロネタをいれてたんですが
今はそういうのがほとんどなくなってますね
使ってる言語が違うからと言う理由で、「それ、字が違うよ」的なネタも使えなくなってしまったんですが(笑
ぐらちで早く合成したいよー
久々に窺ったら、ぐらち完成に近づいているみたいですね。制作頑張って下さい
こういう声を聞くたびに頑張らなきゃと思います、ありがとう御座います!

20100516

何度か話題に出していますが、私の好きなカード、ボードゲームのお店「すごろくや」さん
よく新商品チェックの為ブログを確認していまして、そこでこんなものが開催される事を知りました

ゲームマーケット2010

カード、ボード、TRPGから周辺アクセサリまで、色々取り揃えているいわばコミケ的なもの
普通に行ける距離なのでちょっと見に行ってみようかと思ってます
目的はお店に並ばない同人系のゲームの物色
同人のコンピューターゲームはインターネットで手軽にDLできますが
アナログモノはこういう機会でもないと見られないので、良い刺激になるんじゃないかと期待期待

アナログゲームはもっともっと普及されるべきですよ
なので学生の皆さんは「ゴキブリポーカー」とかを休み時間に友達とやるべきですよ
そうしてアナログゲーム部を立ち上げ、部室にティーセットを持ち込み
買ってきたゲームにゲー太とか名づけ、文化祭でオリジナルルールのゲームを発表し
・・・いやなんでもない

さて

世界観のお話

最近は「このゲームは中世ヨーロッパぐらいの舞台で15世紀ぐらいを目安にしてるから技術レベルはこの辺」とか
そういった線引きをしているゲームもあまり見なくなってきました
ファンタジーを謳うゲームでも飛行機やロボット、水道や電気などなど・・・
(wikipedia見て知ったんですが中世だとプレートメイルも無いそうです)
いろんなものが登場するのが最近の世界観です
恐らく昔は「世界があってキャラがいる」だったのに対し
最近は「キャラがあって世界がある」になっている影響だと思いますが
もちろんどちらが優れていると言うわけではなく、正直好みの問題でしかありません

じゃあそこでリアリティを全く無視していいのか、と言うと
私としてはそんな事はない、と思うのです

結局の所、空想世界・・・つまり「嘘の世界」なわけですから
リアリティを求めるなんてナンセンスだと言った声もありそうです
ですが「全部嘘」よりは「真実の中に少し混ざる嘘」の方がうまい嘘、ってことで
理屈も無いのにそうなっている、よりは
理屈があってそうなっている「っぽい」ほうが良いわけです

例えば「この世界は中世ヨーロッパベースの剣と魔法の世界、電気もあって拳銃もあるけどね!」と言う世界に対し
「拳銃があって何で剣が廃れないの?電気は何で起こしてるの?」と言う質問があったとします
これに対し「かっこいいから!」と返してしまうと、一瞬でその世界が安っぽいものになってしまいます

そこで 「拳銃は技術的にも扱いが難しく精度も悪い、弾も高価なので、依然として剣が主流」とかにしてしまいます
電気云々も「電気石っていう魔法の石があって、そこから蓄電石に移す事で電気が買える」とか屁理屈をつけておきましょう
「放電する生物を大量飼育」とかでもありな気がします
これで世界に深みが増したかはともかく「かっこいいから」よりかは、マシな世界になったのではないでしょうか
なんならその辺の設定をシナリオにも絡めるとよりぐっど

矛盾なんて気にしない
大丈夫!多少の矛盾はファンタジー補正でチャラだ!

ファンタジーなんですからガチガチにリアルな世界にするよりは、遊び心がある世界の方が私は好きですが
かといって、見てくれだけの薄っぺらいカキワリ世界のゲームではがっかりです

・・・と、ファンタジー好きな私が申してみました

何気なく縦ロールでググるとウィキペディアに記事があってびっくりしました
ほんとだ!しかもイラストつきで・・・
その上ドリル扱いとか書いてあるし、これはアンサイクロぺディアでは・・・ムム
なかなかいいドリルですね
天を貫くドリルです
GrancielWitches!はいつ頃完成ですかね?
この5年間、何度も完成時期を予告しては一つも守れなかったので言うだけ無駄なのですが
今は年末か来年頭を目安にしてます
昔の方が絵柄が今風ですね?
そうなのかな?
可愛らしい方が多分受けは良い気がしますねー

20100509

昔のキャラ

機会があって昔TRPGで使ってたキャラを久しぶりに書いて見ました
日付で確認した所、もう4年も前になるんですねー
絵柄云々はともかくとして、少しぐらいは成長している・・・と思う

そう、時の流れと言う者は残酷なのです
上の絵を書いた関係で昔のファイルを掘り返したいたところ
昔のHPのファイルとかが出てきたのですが、そこのツクールページにこんな一文が

「作成開始:2005/5/13」

(ノ∀`)アチャー

ぐらちーず(制作期間だけで)5周年ありがとうございます
今になると初期の頃に作った素材はあんまり見たくなくなるものです
その事に気付いてからは、全て仮素材で作成し
最後に一気に素材を作ると決めて進めているのですが
たまに気が向いた時(イベント作るのだるいなーって時)に作り直してる物もあります

各キャラクターの立ち絵(顔グラとかのベース)も一度書き直そうと思ってライナを書き直した事があるのですが
あんまりなできだったのでボツにしました・・・にもかかわらず
前回の更新のSSで修正し忘れたままアップし
まあ誰も気付かないだろうと思ったら、思いのほか多くの方に突っ込まれてしまいました(笑
なかなか油断できない世の中ですね

ストーリーはたぶん来週中に4話改修が終わると思います
そうすればようやく頭から最後までちゃんとプレイできるものになります
サブイベントも敵の配置もありませんが、よかったよかった

サブイベントと敵の配置が終われば仮グラフィックのままですが、αテストができそうだなあ
でもサブイベント、かなりてこずりそうな気がします
あと、魔女の手帳(辞書)に登録される単語が多くて多くて・・・自己満足なだけにちょっと不毛

うお、ライナが別人に!ミナエの上目づかいにハァハァ・・・。
よりによって最初の拍手で気づかされると言う展開(笑
そしてこの一言により、キャラグラ書き直してもミナエの上目遣いは維持しようと決めました
桃屋のラー油で思い出しましたが、とある方が桃屋のラー油を買った時、レシートには「ツラソウデツラクナイチョットツライラーユ」と書かれていたそうです。
幸せそうな人間にこそ食べて欲しい、という桃屋流のブラックジョークなんです!
人生は酸いも甘いもかみ締めていけという、そんなメッセージ!あとおいしいけど高いよあれ!
なんて格好いいスケルトンなんだ・・・ 鎧着てる敵はドラゴンとかとは別ベクトルの強者オーラがして良いですねえ
鎧着てる敵は風格があっていいですよね
スケルトンに鎧着せたのは、もともと骨を書くより楽だと思ったからなんですが
モンスター設定にも絡められたりして、結果オーライでした
「バットマン ビギンズ」を見てから「ダークナイト」が良いのではないかと 比較的新しい上に時系列が繋がってますから
「ダークナイト」は悪役(ジョーカー)を演じたヒース・レジャー氏が同作完成前に亡くなられているので、(展開上)そういう点でも意味のある作品だと思います
ものすごい熱演で当時話題になってましたもんねー
わかりました、まずはビギンズをみて知識をつけた後にダークナイトに行ってみたいと思います
関係ありませんがナイトって書いてあるとどうしてもトを省きたい衝動が
ユニーク なつかしい… ストーリー重視じゃないRPGは あちらの方が洗練されてましたよねー
長く遊ばせる為のノウハウがそのまま面白さに繋がっててよいですよね
和洋ゲー、どっちのいいところも参考にしていきたいものです
ユニークモンスターとか聞くとそいつしか落とさないレアアイテムを血眼になって探したい欲求が(ry  ダークナイトはバットマンビギンズに続く新シリーズ第二弾だった気がしますが、単発でも十分に楽しめますよ!
ユニーク自体の出現率が低いのでそいつが落とすレアアイテムはもう大変な事になってしまう(笑
なので、ユニークじゃないけど出現率が低いモンスターの存在でご勘弁を
今更でしょうけど戦闘中、皆は何故に口を開けっ放しにしているんでしょう、と無粋なツッコミをしてみます。
言われないと気付かない、作者の意外な盲点
そういえばなんでみんな開けっ放しなんだろう
>チャンピオン それって1回倒したらもう出ないんですかね? それとも凄くレアだけど何回でもでる感じですかね? そこら辺がちょっときになります。 2体目以降は新チャンピオンですね。
確率ですから何度でも出ます
チャンピオンは一人じゃないのさ!
確かにインパクトにはなりますが、来たばかりのエリアで頑張ってたら「いきなり強いの出て死んだ\(^o^)/」にならないかが心配ですな、まぁその辺のバランスは当然考えてらっしゃるとは思いますが
逃げるんだ!と言うのはさておき、無理に挑まなければ即死するほどでもないので大丈夫だと思います
>ディアブロにあったシステム  を取り入れてるツクゲーってあんまり見ないような気がします。個人的に様々な神システムが詰まっていると思うんですが、・・・知名度が低いからなのかな?
再現が面倒なのかな?と思ったんですが単純に知名度が低いんでしょうね
ゲーム会社ですら、遊んだ事ある人がほとんどいないってどういう事よ・・・

20100502

GW中なのに風邪を引いて休日出勤だし、いいとこなしのもやしですこんばんは
地味に嬉しい事はちらほらあるけど、ここのところのマイナス面がやばい
とりあえず後3連休だけは死守する所存でございます

今日はネタがないのでツクール話 with ぐらち
なので興味ない人は、今日の更新はまるで意味がないぜ!

まずは地味なSSを1枚

チャンピオン

敵の足元に表示されている「champion」の文字がお分かりでしょうか
これ、昨日ふと思いついて導入してみた「ユニークモンスターシステム」です
戦闘時、低確率でこんな感じの強力な魔物が紛れ込むだけなんですが
そいつからはお金や経験値、アイテムドロップ率などが上昇しています
これで単調になりがちな戦闘に少しはメリハリが出るといいな
さらに低確率で「レジェンドモンスター」が沸いたりしますが、ボス並の強さです
君達は武器を取って戦いを挑んでもいいし挑まなくても良い

グリーンゼリーですら「グリーンゼリーレジェンド」とかご大層な存在となります
まあゼリーみたいな序盤の敵がユニーク化してもたいしたことありませんが

と、書きながら思いついたんですが
チャンピオンも種類持たせると面白いかな
状態異常が効かない奴、異常に早い奴、攻撃力が異常な代わりにもろい奴
その辺は要検討ということで

まあこれもディアブロにあったシステムなんですけどね
改めてシステム観察してみると、ほんとよく出来てますよねdiablo2

ADVモードを取り入れる前の名残で3,4話に盛大な手入れを行っている最中なので
まだグラフィック的なものが出せませんが、この休み中にそこは終わらせたい、やる気でろでろ

しかしツクールサイトの更新を見るとGWはツクール強化週間な方が多いですね
もうなにかしらの境地に達してしまった良い大人としてはそういった過ごし方に

全力で賛成致します

>稲川淳二も真っ青のホラーじゃないですかー!でも事件にならなくて良かったです、ホント
正直、今でも帰るときはビクビクものですが無事が何より一番です
もしなにかあったときは交番へ、おにいさんとの約束だ!
とりあえずもやしさんが無事でよかったぜ。そういえば、ダークナイトは鑑賞済み?アメコミ映画という枠を超えて断然オススメですよ
バットマンはムックのを少し読んだぐらいですが、人気作だけに結構一杯種類ありますよね?
ダークナイトは見たいのだけどバットマンを見るならどこから手をつければいいやら・・・という感じです
最初からダークナイトで良いものですか
アメコミ原作映画ですか・・・そこで上がってなくて見たことあるのはブレイドぐらいですかねぇ  あとバイト先の店長さんがやたらアイアンマンを推してきます 面白いんでしょうかね、あれ
ブレイドはある意味ギャグ映画でしたね(笑
みんなで見て楽しめる映画だと思います
アイアンマンは格闘ゲームの極太レーザーのイメージしかないんですよね、2もやってますし気になるところ
今度借りてきてみようかな
>見知らぬ女性 それってオバケなんじゃ(ry 都市伝説か?! 何にせよ、これをゲームのネタに…マズイかな?
>見知らぬ女性・・・ホラーゲームのネタに出来そうですね
さすがツクラーサイトに集まる人たち、凄いネタのかぶり方をする(笑
ゲームのネタかあ・・・怪談話のネタにはなるかもですが
なにぶん私はホラー苦手なので
シャドウ!?
シャドウか・・・
赤いマンションっていうところがまた怖いですねwていうかそこが嘘なのかなw
おー、ばれてしまいました
確かにその部分に関しては、そこが嘘なのです
ただ嫌な事に、自分でもかなり同レベルな例えを出したつもりですが・・・
自分もまだまだ絵が下手ですが...、教室の背景のツリーより左側と右側で視点が異なってしまってて、四角い部屋は箱を内側から見た感じになるので、そのままですと教室が平行四辺形になってしまいますねー☆
なんとぅ!一点透視法とか、理屈はわかっても実践が出来なかったのですね
これだから背景は・・・もう!
たしかに絵描き講座って分かりにくいですよね。背景は全部ドット絵で行きましょう。
それは辛い(笑
ダンジョンタイルはドット絵なので、それで簡便を
辛いで思い出しましたけど桃屋のラー油が・・・いや、これはいいや
>おっかねぇぇぇ(((((((( ;゜Д゜)))))))そんな事あるんですね…そして今度は姫様ボケの正体が気になりますよ!(・ω・)
>姫様は世間知らず。貴族様も世間知らず。誤りが訂正されず進行していく関係・・・\それが貴族としての誇りですから/
ある種のスパイラル、物知らずスパイラル!

Copyright(c) Moyasiwhite All Rights Reserved.